家相・風水のコラム 注文住宅・一戸建ての家作り 楽住-rakunism-

“家相・風水”に関するコラム


zyunzikimoto

あれから一年

早いものであれから一年。 我が国を襲った未曽有の災害「東日本大震災」。 まだまだ復興とまではいかず生々しい傷跡は大半は手付かずの状況。 地震国日本。歴史的にも大震災は数多く記録されているがこの度の震災は被害の甚大さではかつてないもので気象庁 [...]

zyunzikimoto

風水による掃除の方法 2

風水による掃除の方法その2です。 風水による【トイレ】の掃除 便所は不浄用途の中でも特に古の時代から汚い場所の代名詞でした。 現在は自治体のインフラも整備され水洗便所が普通になりましたが、それでも家屋で最も不浄とされる用途です。 風水では気 [...]

zyunzikimoto

風水による掃除の方法

風水では家屋や敷地の掃除を重要視します。 家相診断の報告書を纏める際には吉凶改良アドバイス報告書を作成しますが、掃除による家相補強を多く用います。 下記の掃除の方法は補強の重要ポイントです。 家相補強の掃除の方法は「陽宅風水」の家相学と言う [...]

zyunzikimoto

店舗の家相・2

前回は店舗を建設する際の家相的重要ポイントを述べましたが、土地選択する際の土地相の考察も重要です。 立地は風水地学的な立地が重要です。 一般住宅と土地相の吉凶は基本的に同じですが、大きく違うのは営業運、社会運、金運、重視という点です。 商売 [...]

zyunzikimoto

店舗の家相

自営の方は新築する場合に店舗併用型住宅の形式で建てられる事が多いと思います。 店舗の種類により家相も変化します。単に店舗だということで、一括りで家相診断を行うと大きな間違いをします。 まずは業態で区別しなければなりません。飲食業、物品販売業 [...]

zyunzikimoto

2012年節分、今年の恵方は

2月3日、今日は節分です。 節分は四季を通じて一年で4回あり、立春立夏立秋立冬の前日が節分となります。 一般的には節分と言えば2月3日ですが、風水、家相学と九星気学では今日で一年が終わり2月4日から新しい年の始まりです。 この為2月3日の節 [...]

zyunzikimoto

家相盤

家相を診断する場合は家相の重心を求め宅心を算定し家屋図面に落とし、真北を記入してその上に24方位を割り付けした家相盤を設置します。 この家相盤は診断する鑑定士で作製しています。家相の歴史は古く流派も多くそれぞれ微妙に違いがあります。 下記に [...]

zyunzikimoto

家相学的神棚祭祀-2

今回は前回の続きで神棚の祭祀についてみていきます。 まず神棚を設置する場合は場所はどこがいいか。基本的には鬼門、裏鬼門、正中線、四隅線を避けていればどの方位割でも構いません。 本来正中線と四隅線はその九星の聖域のベクトルが顕在化したものです [...]

zyunzikimoto

家相学的神棚祭祀

正月休みも明け今週から皆さん本格的に仕事を開始されたことでしょう。 一年の中で正月が最も日本人が本来の日本人に回帰する時期でしょう。 この時期、老若男女問わず年頭の恒例として神社に初詣に出かけます。おみくじを引き吉凶に一喜一憂。テレビのニュ [...]

zyunzikimoto

今年も暮れてゆく

激動の2011年も暮れようとしています。 震災や原発事故等の想像を絶する厄災に見舞われた年でもありました。 神道に根ざした日本の正月は、年が変わると同時に自分の身体や存在世界にまとわりついた過剰なエントロピーを祓い清め新しい自分、新しい世界 [...]

zyunzikimoto

凶相の補強法

年末の慌しい時期には住宅の新築、改築を検討する余裕もありません。 私のHPもこの時期はアクセス数が減ってきます。 そんな忙しい中をこのコラムに訪れていただいた貴方に耳よりな家相情報をお伝えします。 新築時に家相による吉相計画で施工した住宅は [...]

zyunzikimoto

家相診断「家屋の中心」

今回は家相診断の手順として具体的なところからみていきましょう。 図面を前にしていきなり診断は出来ません。では何から始めるか。 まず家屋の中心(重心)を求めます。 家相診断で重要な要素である家の中心(重心)は平面図より重心算定します。 家屋の [...]

zyunzikimoto

駐車場の吉相配置

現代の家相を研究する上では家相の古書を精査して、表面的な言説に捕らわれること無くその思想を理解する事こそ重要です。 古代と現代での家相を取り巻く要素の差異は様々あります。 地球環境も大きく変動しています。そして最も大きな違いは技術革新による [...]

zyunzikimoto

磁北と真北

師走に入り1年の締めくくり、一番忙しい時期です。 街のイルミネーションも鮮やかに12月の活気を盛り上げています。 今回は家相診断の基本に触れていきます。 家相を診断する際はまず家屋を24方位割付して各用途毎にカテゴライズします。 この際、初 [...]

zyunzikimoto

家相にとってペットとは何か「ペット考」

社会を構成する核となる単位は家族でしょう。 家族関係は歴史や文化の違いで様々です。 我が国でも時代の変遷により変化してきました。 そして現代においてはこの家族の構成要素で見過ごしにできない新しいファクターが登場しています。 「愛玩動物」所謂 [...]

zyunzikimoto

「家相ザックリポイント」

どうにか資金計画もめどが立ち、土地も決まった。 雑誌でみつけた設計事務所に設計を依頼して希望を伝え夢のマイホーム実現に一歩踏み出す。 事務所での第1回打合せ。 家族構成、職業、生活スタイル、希望間取り、を伝えて資金計画表の提示。 相手は所長 [...]

zyunzikimoto

陰陽五行説

昨日、テレビを見ていますと和菓子屋では千歳飴の製造が最盛期を迎えているとのレポートがあっていました。 今週の土日は七五三の祝いをするご家庭も多いのではないでしょうか。 神社は賑わう事でしょう。 本来七五三の祝いは11月15日ですが、現代人は [...]

zyunzikimoto

方位の使者「正中線、四隅線」

11月の誕生石はトパーズ。私の好きな石です。 様々な色がありますが特にブルートパーズは神秘的な色合いの石で気に入っています。 パワーストーンとしても評価が高いようです。 この石には男女ともその人の持つ潜在能力を引き出し魅力的にするパワーがあ [...]

zyunzikimoto

厄年と「家の新築」

10月も終わろうとしています。この時期から年末まで「アッ」という間に過ぎ去り新年を迎えて又ひとつ歳をとり例年「早いナア」と実感します。 30代40代50代と加速度的に益々時間がスピードアップして私の体を駆け抜て行くようです。 この10月で誕 [...]

zyunzikimoto

家相風水でみる「世界経済の今」

財務相・中央銀行総裁会議が15日閉幕しました。 23日のEU首脳会議をリミットに包括的な解決策をまとめるという事ですが、どぅも欧州の銀行破綻の連鎖は折込済での対応策と思われます。 欧州連合の強いリーダーシップを望みます。 我が国でも2008 [...]

zyunzikimoto

吉相生活のススメ「病気になったら」

最近朝夕が涼しいというより寒くなってきたせいか持病の肘の腱鞘炎が又少し出てきました。 去年の年末から肘が痛くて今年の初めに病院に行ったところ「テニス肘」と診断されました。 別にテニスをしている訳ではありませんがテニス選手に多い腱鞘炎の症状だ [...]

zyunzikimoto

家相、その目指すもの

ソフトバンク優勝で賑わう南の地方都市から今回もお届けする家相建築家、木本のコラムです。 このコラムも14週目でここを訪れる方は家相に少しは興味をお持ちだと思いますので今回は多少専門的な話をしたいと思います。 「端的にいって家相とは何ですか? [...]

zyunzikimoto

建築にとって「鬼門」とはなにか

初夏から始まったこのコラムも13週目に入り初秋を迎えました。 さて、今回は家相の代名詞ともいえる「鬼門」についてです。 前回までは土地相を中心にみてきましたが、今回は日本人であれば誰もが知っているワード、鬼門です。 鬼門の起源は諸説あり私の [...]

zyunzikimoto

「お彼岸」によせて

暑さ寒さも彼岸まで。その例え通りに厳しかった残暑も全国的に和んできました。 「彼岸」とは仏教では深い意味合いを孕みますが、単に川の向こう岸という意味で用いたりもします。 昼と夜の長さがおなじになるこの期間に、この世(此岸)とあの世(彼岸)が [...]

zyunzikimoto

家相もですが土地相も

先日、土地購入の契約を終えて、さあこれから本番という御夫婦から相談を受けました。 土地を買った後で、通ってる陶芸教室の仲間から土地相の俗説を聞かされたという、よくある話。 「ちょうど何か習い事を始めようかと思ってたときに新聞の折込を見ました [...]

zyunzikimoto

駐車場の吉相配置

前回のコラムは、土地相から読み取る門扉と家相から読み取る玄関との関係を吉相配置する場合のツボを相対的に考察しました。 今回は配置計画で重要な駐車場の吉相配置についてみていきます。 現代では一家に一台から二台は自動車をお持ちです。交通 の便の [...]

zyunzikimoto

家相風水に依る門扉の配置

9月に入りました。 立秋を過ぎてようやく朝夕にほのかな秋の気配が感じられる頃ですが全国的にはまだ暑さは続いているようです。 さて、家を計画する際に、まずは配置計画から始まります。計画する土地は富裕者の大邸宅は別として一般的には60坪前後でし [...]

zyunzikimoto

「設計と施工」

土地付き一戸建ての場合は、土地の選定も大変ですが土地が決まった後も難題がたくさん待っています。 気に入った土地を買って、さあどんな家を建てよう・・・「某」家族の葛藤が始まります。 不動産屋から受けたレクチャーによると第一種住居地域で容積率2 [...]

zyunzikimoto

「路殺」について

残暑お見舞い申し上げます。暑さ寒さも彼岸までと言いますが彼岸の入りまで約1ヶ月、まだまだ暑い日が続きます。気を緩めず体調管理に務めましょう。 さて、以前のコラムで土地相の吉凶ポイントを箇条書きで列記しましたが、その際に「路殺」について少し触 [...]

zyunzikimoto

「盆帰り」

お盆も近づき夏の暑さも真っ盛りです。お盆休みで里帰りされる方も多いと思います。 車やJR、飛行機、移動手段も様々ですが親子数人の旅費を考えれば費用の面では車が一番。 不況の折、賞与も無く結果的に車での帰省となります。この際、帰らない決断もあ [...]

zyunzikimoto

土地購入時は土地相チェック

毎週末、新聞の折込には最近は少なくなりましたがマンションや建売住宅、土地の分譲販売案内等々のチラシが入ってきます。土地をお探しの御家庭は買い時をのがさないようにチラシの内容を詳細にチェックします。 ある土曜日の朝、「ねェ、お父さんコノ土地。 [...]

zyunzikimoto

土地相の考察

男性、女性を問わず30代から40代に入ると、仕事も油が乗って会社の中心的立場となり、家族も増え子供も育つ。2DK賃貸アパートも手狭になってきてさあどうするか。 広めの賃貸マンションに転居するか、分譲マンションを買うか、建売一戸建てにするか、 [...]

zyunzikimoto

吉相のマンション選び-その②

マンションの階数を選定する場合は最上階が最も人気があります。価格は上層になるに従って高額になっていきますが、懐具合と相談しながらも上層を希望される方が多いようです。理由は、まず眺望がいいという事。その他にはセキュリティが低層階よりは守られる [...]

zyunzikimoto

吉相のマンション選び-その①

新しく自宅を検討する際に大別すると、一戸建て派と分譲マンション派に分かれます。 今週はまずマンション選定時の吉相選定を考えてみましょう。 一口に吉相マンション選定と言っても数多くのポイントがあり一週では足りませんので、今日はその①として始め [...]

zyunzikimoto

さあ家づくり。ところで家相は気にされますか?

本日より毎週金曜日、このコラムを担当致します。木本です。人生最大のイベントである家づくりに於いて、多くの人にとって興味ある要素の家相風水を中心に掲載していこうと思います。 老若男女、性別年齢を問わず、いざ自分の家を建てる、自分がオーナーとな [...]

楽住編集部

間取りを煮詰めていく時の注意点

確認するべきポイント 間取りを確認するうえで見落としがちなポイントをご紹介させていただきます。一度ご自身の間取りを照らし合わせて、使い勝手をチェックしていただくと良いでしょう。 ドアの向き ドアの向き、引き戸の引きしろを左右どちらに持ってく [...]

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ