注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

「良い」担当者の見つけ方(その2)

今回は、お金の話を聞くときのポイントです。ここでも、良い担当者かどうかを見分けることができます。例えば、「毎月の支払いが安い」からボーナス併用払いや変動金利を勧めてくる場合があります。これは要注意です。単に毎月の支払いが安いから変動金利を勧めてくる業者には気を付けてください。

コラムニスト-----不動産コンサルタント 真山英二

⇒プロフィールを見る


不動産コンサルタントの真山英二(さのやまえいじ)です。

前回のコラムでは、「良い担当者の見つけ方」についてお話をさせて頂きました。良い担当者を見分ける一番大事なポイントは、こちらがより良い暮らしを実現するために必要なことをサポートしてくれるのかどうかにつきると思います。

ツ?今回は、お金の話を聞くときのポイントです。ここでも、良い担当者かどうかを見分けることができます。例えば、「毎月の支払いが安い」からボーナス併用払いや変動金利を勧めてくる場合があります。これは要注意です。単に毎月の支払いが安いから変動金利を勧めてくる業者には気を付けてください。こちらのことを何も考えずに、営業担当者が物件を売りやすいからから変動金利を勧めているのに過ぎません。なぜ、変動金利なのかを突っ込んでその理由を深く聞く必要があります。

ツ?例えば、変動金利における今後の金利変動(上昇)をどのようにシミュレーションしているのか、それに伴う毎月支払金額の増加等にはどのように対応すればよいのか、子供の教育費と繰り上げ返済のタイミングはどのように考えれば良いのか、一家の働き手が病気や怪我で働けなくなった場合等々。

ツ?過度に心配をする必要はありませんが、きちんと変動金利のリスクや現実を頭に入れておく必要があります。変動金利自体のメリット・デメリットを正確に理解した上で、さらにフラット35(S)等の固定金利商品との比較をする必要もあります。

したがって、お金の話となった時に、その担当者の知識や本当の考え方がわかります。単に物件を売りたいだけなのか、それとも、こちらのことを考えて実際に長期で支払えるように考慮してくれているのか。そういった言葉をよく聞いて、今後の将来をその担当者にまかせて良いのかどうかを判断してください。

最適な住宅ローンは、その家族構成、人生のライフステージによって大きく変わります。勤務先、勤続年数、年収といった金融機関が考慮する個人の属性だけで、最適な住宅ローンは決まりません。その家族のその後の20年、30年を見据えて上で、住宅ローンのシミュレーションを行い、メリットだけでなくデメリットも含めて説明をしてくれるのが、良い担当者です。

実は、私自身がお客様に住宅ローンを提案する場合の多くが変動金利となります。ただ、その理由が、「毎月の支払いが安い」からというだけではありません。必ず、住宅ローンというものの本質的意味(国民が安心して安定した生活を送るための持ち家をサポートする)からお話しします。そして、変動金利の仕組みとそのメリット・デメリット、さらにフラット35(S)等の固定金利との比較等も数値でシミュレーションして、実際に金額で提示するようにしています。また、その際に病気や怪我となった時の必要最低限な資金の試算、繰り上げ返済の仕組みとそのタイミング等についても詳しくお話しするようにしています。必要であれば、実際にあった事例や、その際の対応方法等もお伝えしています。全ては住まいを購入する人が、安心してより良い暮らしを実現できるようにとの思いからです。

ツ?人が住まいの購入の際に感じる不安はとても漠然としたものです。それは、住まいの購入における経験不足からくるものです。そもそも不動産の購入の流れがよく分からない、住宅ローンの仕組みが分からない、物件のどういったところに気を付ければ失敗しないのかわからない、そういった分からないことだらけが住まいを購入という出来事です。その不安を事前に解消してくれるのが良い担当者であり、その後の人生の良きパートナーになると思います。

前回と少し話が重複しますが、営業担当者が持ち家だった場合、その人が実際にどういう住宅ローンを組んでいるのか、なぜその住宅ローンを選んだのか、どこまでシミュレーションをしたのか等々を実際に聞いてみると良いと思います。人間、自分のこととなると本当にできる限りのことをします。したがって、不動産業者の担当者が住宅ローンを組んでいる場合は、ぜひ、どんな理由でその住宅ローンを選んだのかを聞いてみてください。

とにかく住まいさがしにおいて良い担当者なのかどうかを判断するためには、いろいろな提案を出してもらうことです。その提案のコンセプト、その担当者の体験談、その言葉、内容等々を一つ一つ吟味して、自分にあった良い担当者なのかどうかを判断します。

現実的に、失敗しない住まいさがしの最大のポイントは、実際に住まいさがしをサポートしてくれる不動産業者の担当者だと思います。良い担当者を見つけ出すための努力は怠らないようにして、安心して楽しい素敵な住まいさがしを実現してください。

少しでもお役に立てれば幸いです。

株式会社ハッピーハウス : http://www.happyhouse.co.jp/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ