注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

家を売却する流れは?

今の家から住み替えをする場合、どうしても家の売却という作業が付きまといます。スムーズに売却の手続きをしていただけるように、今回は不動産売却の流れについてお話させていただきます。

コラムニスト-----楽住編集部

⇒プロフィールを見る


まずは売却査定から

まずは今の家がいくらで売れるのかを不動産屋さんに査定してもらいます。マンションに強い業者、特定のエリアに強い業者、など様々な特色がありますので、査定は複数の業者に行ってもらい、最も信頼できる業者に任せるのが良いでしょう。

 

残債がある場合は要注意

不動産の所有権を移転させる際、一度銀行から借りたローンは清算しなくてはなりません。ローンの残高が売却価格より下回る場合は返済に売却資金をあてればよいのですが、残高が売却価格を上回ってしまう場合は自己資金からの補填が必要です。自己資金のゆとりが無い場合は、プロパーローンとして銀行から借り入れをすることも可能ですので、銀行に相談すると良いと思います。

 

実際に売りに出そう

不動産を売りに出す場合、不動産業者と媒介契約を結ぶこととなります。媒介契約には3つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

一般媒介契約
売主は複数の業者に媒介契約の依頼ができる契約となっており、依頼者が自分で発見した相手とも売買の交渉・契約をすることができます。色々な不動産屋に声を掛けて、間口を広げたい方にオススメです。不動産サイトに掲載される情報の多くは、この一般媒介契約です。媒介契約有効期間は3ヶ月以内と決まっており、延長する場合は売主の申し出が必要となります。

専任媒介契約
売主は他の宅地建物取引業者に媒介契約の依頼をできない契約となっているものの、依頼者が自分で発見した相手とは売買の契約をすることができます。1社のみへの依頼となるため間口は狭まりますが、『業者は2週間に1回以上業務の状況を報告すること』というような義務が設けられますので、信頼できる業者であればこの方法を取るのも1つの手です。媒介契約有効期間は3ヶ月以内と決まっており、延長する場合は売主の申し出が必要となります。

専属専任媒介契約
売主は他の宅地建物取引業者に媒介契約の依頼をできない上に、自分で発見した相手とも売買や交換の契約をすることができません。もっとも間口を狭めた方法ですが、その代わり業者にも『売主に1週間に1回以上業務の処理状況を報告すること』というような最も厳しい義務が設けられます。専任で任された業者はその分一生懸命買い手を捜してくれますので、信頼できる業者であれば良い方法だと思います。

なお売り出し時には、土地の引渡しが可能になる時期を設定することとなりますが、あまり先過ぎても買い手が決まらない可能性がありますので、ハウスメーカーと打ち合わせが始まったくらいを売り出しのタイミングの目安にすると良いでしょう。

 

買い手が決まったら

土地を「良いな」と思った買い手からは買付証明書が提出されます。これは「この不動産を〇〇万円、〇〇という条件なら買いますよ」という意思表示です。条件は売主の指値である必要ではありませんので、意にそぐわない条件が提示される可能性もあります。折り合いの付かないものはお断りし、良い条件のものを応諾すると、今度は売主・買主が面会して売買契約書を結ぶことになります。その後、引渡しという流れになります。

 

不動産の売却には色々と手間が掛かりますので、頼りになる不動産担当者を見つけ、力を貸してもらうのが一番の方法です。日頃から信頼できる担当者を探してみると良いですよ。

株式会社クラッソーネ : http://www.rakunism.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ