注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

「あれ?住宅ローンが減らないぞ?!」

「低金利」の恩恵を本当の意味で享受するには、長期的な展望に立った慎重な計画が大切ですね。今日のコラムは、「住宅ローンが、減りませ?ん!」とならないためのお話です。

コラムニスト-----ファイナンシャルプランナー宮嵜勝己

⇒プロフィールを見る


未曾有の低金利時代。

住宅ローンの金利は変動型だと1%を切るのが普通の時代です。

十年前では想像もできなかったでしょう。

この低金利は、住宅購入者や住宅ローン保有者にとって大きな恩恵となっている、といえるでしょう。

3000万円を1%の金利にて35年返済で住宅ローンを借りた場合でも、35年間の金利は500万円強で済みます。

また、住宅ローン控除などの所得税優遇策と併せて利用されると、「実質金利ゼロ!」なんてこともありえるわけです。

このように大きな恩恵に見える「低金利」には、気をつけないと思わぬ「落とし穴」が待ち受けています。

それは「金利は刻々と変動する」ということです。

そんなの当たり前じゃないか?

そんな声が聞こえてきそうですが、変動金利型を選ぶ方は全体の70%を超えている、という事実もあるわけです。

変動金利型を選ばれている方で、「金利が変動する怖さ」を本当に認識していらっしゃる方がどれくらいいるでしょう?

日々住宅ローンの相談を受けている中で、とても心配です。

具体的にみてみましょう。

先ほどの例の通り、3000万円を1%の金利で35年返済で住宅ローンを組むとします。

そうすると、月々の返済は約8万5000円、35年間の返済総額は約3550万円となります。

もしもこれが固定金利であれば、実際もこの通りです。

しかし「金利が変動する」タイプの住宅ローンではどうなるでしょうか?

もしも「3年固定型」の住宅ローンで借りたとして、たとえば3年後にわずかですが「0.5%」だけ金利があがるとします。

すると、月々の返済額は約9万1000円で月々は6000円程度しか上がりません。

しかし、残り32年間の返済総額はというと・・・・・なんと、約3500万円!

返済総額は当初とぜんぜん変わらないのです。

3年間返してきたおかげで残りは2780万円になっていたはずなのに。

3000万円借りるのと返済総額が変わらなくなってしまうのです。

せっせせっせと3年間返済してきた月々8万5000円は、なんだったのでしょうか?

「住宅ローンが、減りませ?ん!」

これが変動金利のこわ?い「落とし穴」なのです。

「低金利」の恩恵を本当の意味で享受するには、長期的な展望に立った慎重な計画が大切ですね。

家族が住む、大切な家ですから。

株式会社FP-Japan : http://e-fps.jp/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ