注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/12 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

建売だから、、、遠慮?

私が常々、住宅購入の1つの問題だと感じているのが、消費者側の「遠慮」の問題です。本当は住宅供給者側がそうさせない必要があるのですが、、、

コラムニスト-----住宅コンサル会社経営 荒井 康矩

⇒プロフィールを見る


日本の新築住宅の多くは、分譲住宅(建売住宅)です。
建物のプラン(間取りや仕様など)が予め決められており、
そのプランを見て購入判断することになります。

プランを見ると言いましても、現地で完成した建物を見て購入判断する場合もあれば、
建築前や建築中の建物を見て購入判断することもあります。

完成した建物を見て購入判断する場合は、実物を見れるので、
使われている設備や仕上げ、広さ、カラー、さらには隣地との関係まで
いろいろなものを確認できるので、未完成の建物に比べれば判断しやすいと言えるでしょう。

一方で、建築前や建築中であれば、前述した設備・仕上げ・広さ・カラーなどを
具体的にイメージし辛くて判断しづらいですし、
完成後に「思っていたのと違った!」という問題が生じることもよくあるものです。

但し、過去の建売住宅と違って、細かな仕様などの変更に対応してもらえる住宅が増え、
これが建築前の住宅購入のメリットになっています。
建築中の場合は、売主や工程、変更の希望内容などによって対応は様々です。

ところで、いずれにしても分譲住宅(建売住宅)の売買が非常に多いわけです。

その分譲住宅(建売住宅)の購入者(または購入検討者)からよくある質問の1つに、

 「建売住宅なので、第三者の住宅検査は無理でしょうか?」

というものがあります。

なぜ、そのようなイメージをもたれるかわかりませんが、
そう考えている方は意外と多いようです。

現実には、第三者の住宅検査の利用に、建売住宅か注文住宅かの区別は全く関係がありません。
むしろ、利用される方の多くは建売住宅の購入者(または購入検討者)です。

建築前や建築中の建売住宅(売建ということもある)が非常に多くなっていますので、
完成時の竣工検査(内覧会検査ともいう)の利用のみならず、
建築中の住宅検査を利用される方も本当に多いです。

建築中の住宅検査を利用される方の多くも、建売住宅の購入者(または購入検討者)なのです。

建売住宅だからといって、施工不良があって良いわけではありません。
当然ですよね。

ですので、第三者として多くの住宅検査を行っていますし、
利用されている方は多数、いらっしゃいます。

私はしばしば住宅購入者の「遠慮」について考えさせられることがあります。
不動産会社や工務店などに対して、必要以上に遠慮してしまって、
要望をきっちりと伝えられていないことが本当に多いのです。

でも、冷静に、客観的に考えてください。
大きな代金を支払って購入する側の方が遠慮している状況は少々異常なことです。

第三者の住宅検査の利用有無について、不動産会社や工務店に対して遠慮している方を
見ていてよく思うことです。

もちろん、遠慮の問題は住宅検査だけではありません。
契約や引渡しの時期の問題、契約書の記載内容の問題など、
遠慮しすぎていることは多々あります。

建売だから、、、という遠慮は不要です。

株式会社アネストブレーントラスト : http://www.anest.net/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ