注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

土地のチェックポイント(道路の幅員)

土地選びの重要ポイントである「道路」についてお話します。 道路は不動産価値を左右するほど大事なものです。

コラムニスト-----住宅コンサル会社経営 荒井 康矩

⇒プロフィールを見る


土地選びをする上で、非常に大事なチェックポイントの1つが「道路」です。

道路というものは、ただ単に、人や車などの通行の利便性だけを考えれば良いというものではありません。

道路の条件が違えば、すぐ近所の同じような形状、

面積の土地でも大きく資産価値が異なることもよくあるものです。

道路のチェックポイントの1つめが「幅員」です。

つまり、道路の幅です。

道路の幅員の目安は4メートルです。

4メートル未満の道路に接する土地の場合は、

新築する際に「セットバック」しなければなりません。

「セットバック」とは、道路の中心から2メートルの位置までを道路として提供し、

そこには新たに建物などを建てることができません。

(このセットバックの距離の計算には例外もあり)
購入希望の土地に接する道路が4メートル未満であれば、

上記のセットバックの可能性が高いことを意識しておきましょう。

その道路に接する土地の全てがセットバックを完了すると、

4メートル幅の道路になるのですが、

該当する土地上の建物の全てが建て替えなどをするには長い年月がかかります。

ですから、現状で4メートル以上の幅がある道路が理想です。

ちなみに、土地の価格を算出する際、

一般的にはセットバックする部分の面積は計算外とします。

建物の敷地として使えない土地ですから、その部分は無価値と考えるわけです。

ただ、道路は幅員だけでは判断できませんので、

次回以降の道路の種類についてのコラムもお読みください。

 

株式会社アネストブレーントラスト : http://www.anest.net/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ