注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/12 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

心地よく暮らす?光と影のマジック

忙しい時、疲れている時、リラックスしたい時・・・そんな時は、ゆったりとした気分になれることが大切です。 たとえば好きな音楽や小説、アロマの香りなど共に、落ち着ける空間は、私たちに豊かな時間を創りだしてくれると思います。

コラムニスト-----建築家 酒井 正人

⇒プロフィールを見る


忙しい時、疲れている時、リラックスしたい時・・・そんな時は、ゆったりとした気分になれることが大切です。 たとえば好きな音楽や小説、アロマの香りなど共に、落ち着ける空間は、私たちに豊かな時間を創りだしてくれると思います。

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。  この数日間は少し爽やかな夏日が続いていますが、いよいよ8月!暑さ対策も大切に楽しく快適な夏を過ごしたいですね。

住まいの計画をする時、お客様へ家の中でどんな空間(部屋)が落ち着きますか?という質問をよくするのですが、世代に関係なく意外にも多いのが「和室」または「タタミのあるリビング」なのです。

日本人は昔から「床に座る」ことでホッとする・・落ち着くという感性を持つライフスタイルがあるからかもしれません。 大切な日本人の生活文化ともいえます。
そして、伝統的な和室空間は和紙を張った障子で仕切られ、外の光をコントロールすることで室内に微妙な「光と影」を創りだし、それは、人の心を落ち着かせる効果をもたらしていました。

写真は都会暮らしのなかにあえて茶室的な和室空間を提案した事例です。 「白秋染め」という手法で鼠色に染色した半畳タタミを敷き詰め、壁面や天井は和紙や左官仕上げの素材を組合わせて、昼間の太陽光の差し込み方や夜間のライティングを工夫し、「光と影」をコンセプトに少し「非日常」感を表現することで「心が休まる」ホッとするような時間を創りだすことができます。

サカイデザインネットワーク有限会社 一級建築士事務所 : http://www.sdn-net.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ