注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

快適暮らしの手法?合理的プラン

私達はたくさんのモノを持ち生活をしていますが、それらのモノが効率よく機能的に使えることで「快適」だと感じるのだと思います。 住まいのなかでも同様で、限られた空間に無駄がなく使いやすく計画された空間構成は、とても便利で心地良さをつくりだします。

コラムニスト-----建築家 酒井 正人

⇒プロフィールを見る


私達はたくさんのモノを持ち生活をしていますが、それらのモノが効率よく機能的に使えることで「快適」だと感じるのだと思います。 住まいのなかでも同様で、限られた空間に無駄がなく使いやすく計画された空間構成は、とても便利で心地良さをつくりだします。

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。 いよいよ年末ですね・・12月は仕事でも家庭でも何かと忙しない時ですが、今年の締めくくりです、素敵な1カ月にしたいものですね。

日本の住宅事情を象徴する「LDK」という間取りの考え方は、ご存知のとおり、リビング+ダイニング+キッチンをひとまとめにした住空間で、本来であればそれぞれの目的と機能をもった部屋を、「狭さ」の解決のために一体にすることで、「広さ」を実現でき、さらに「調理」「食事」「寛ぐ」という生活シーンを一つの空間で合理的に過ごすことが可能になるメリットが得られます。

ただ現実としては、たとえばLDKが15畳というと、けっこう広いのでは?と思いますが、よくよく確かめてみると・・・キッチンスペースで4畳・・・ダイニングスペースで5畳・・・残りのリビングスペースが7畳となった場合、家具をレイアウトすればもう空間の余裕はほとんどなくなり、結果として広さの実現が感覚的に得られていないケースがよくあるのです。

そこで、快適暮らしの一つの手法として合理的プランをとりいれてみます。 2〜3人ご家族向きではありますが、LDKの対面キッチンにダイニングカウンター(奥行き50cm)を設け、ダイニングテーブルは置かずにダイニングスペースを最小限に抑えます。 そのぶんリビングスペースにゆとりができ、「寛ぐ」空間の広さを実現できるため、ゆったりと過ごすことが可能になります。

サカイデザインネットワーク有限会社 一級建築士事務所 : http://www.sdn-net.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ