注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

快適暮らしの手法?回遊型プラン

住まいの中で私達が生活する動き方を「動線」と言いますが、この「動線」が2方向とれるように設計することで、家の中をぐるぐる回る「回遊型プラン」を実現でき、とても便利で快適な暮らしが実現します

コラムニスト-----建築家 酒井 正人

⇒プロフィールを見る


住まいの中で私達が生活する動き方を「動線」と言いますが、この「動線」が2方向とれるように設計することで、家の中をぐるぐる回る「回遊型プラン」を実現でき、とても便利で快適な暮らしが実現します。

こんにちは。サカイデザインネットワークの酒井です。 日中は紅葉が、そして夜になるとクリスマスへ向けたイルミネーションやクリスマスツリーが、街のあちらこちらで見られるようになり、このシーズンは街がとても綺麗で華やかに感じます。

玄関ホールから廊下が続き、廊下の左右に各スペースが配置され、つきあたりにはリビングスペースがあるというプランの中で、リビングスペースから各スペースへ行く際は、普通はまた廊下を通るわけですが、たとえば、その廊下を通らなくても他のスペースに行ける「動線」を確保するように設計することで「回遊型プラン」は実現できます。 

すべての空間を対象にしなくても、住まいのどこかだけでも、ぐるぐると回ることができる「回遊型」の間取りは、暮らしの快適性を高める効果的な手法と言えます。 キッチンや洗面化粧室など日常的に使用頻度の高いスペースなどは「回遊型」を考えることで、たいへん使いやすく快適な空間になると思います。

                                                      写真は、リビングから寝室へ、メインの廊下を通らずに行けるように設計した事例ですが、その通路部分をただの通路にするのではなく、書斎スペースとしても機能させています。 通路がリビング空間の隠れ家的な書斎に変化するのです。 このようなスペースを「中間領域」とも言いますが、部屋にはならなくても複合的な目的をもたせる空間にすることで、さらに快適な暮らしが実現できる手法で、「回遊型プラン」の魅力でもあります。

サカイデザインネットワーク有限会社 一級建築士事務所 : http://www.sdn-net.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ