注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

日本らしい家のデザイン〜日本人の暮らし

日本の風土にあった「日本らしい家のデザイン」は、街並みを形成するうえでも、私達が快適に暮らすうえでも、とても大切なものだと思います。

コラムニスト-----建築家 酒井 正人

⇒プロフィールを見る


日本の風土にあった「日本らしい家のデザイン」は、街並みを形成するうえでも、私達が快適に暮らすうえでも、とても大切なものだと思います。

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。 冬鳥が飛来しはじめコオロギが鳴き止む10月の今頃を寒露というそうです。 だんだんと秋が深まってきましたね。

日本人の暮らし方は、タタミの生活からテーブルと椅子の生活へと西洋化が定着しましたが、相変わらず玄関で靴を脱ぎ、床の上に座るという、実は世界でもたいへん珍しいこの生活スタイルは、世代に関係なく、ほとんどの方が現在でも継続しているのではないでしょうか? 

家に帰り、靴を脱いだとたんに、心が落ち着きリラックスできる気持ちは、日本人固有の精神文化といっても過言ではないのです。

はるか昔から日本人は家を「聖なる空間」として考える習慣があったそうです。 いくら暮らしが西洋化しても、泥やホコリのついた靴のまま家の中に上がることはどうにも抵抗があるのは、自然に私達の心の中に精神的な伝統文化が生きている証拠なのかもしれません。

初めて日本の家へ訪れる外国人は、玄関の土間か?上がり框の上か?どこで靴を脱げばいいのか戸惑ってしまうそうです。

日本の伝統意匠である「格子」と広々とした「土間」を活かしデザインした玄関ホールは、家に帰ったとき、そこに訪れたときに、とても心が落ち着く効果があります。

サカイデザインネットワーク有限会社 一級建築士事務所 : http://www.sdn-net.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ