注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

窓周りから考える「節電」

いよいよ本格的な夏ですね。「節電」を意識しながら、少しでも快適に過ごせる工夫をしたいものです。今回はカーテンなどの窓周りから、節電を考えてみます。

コラムニスト-----インテリアコンサルタント 石井純子

⇒プロフィールを見る


早くも梅雨が明け、今年の夏も暑くなりそうですね。

少しでもエアコンの使用を控えようと、窓周りを工夫討している方も多いようです。今年は節電ムードもあり、インテリア業界でも「節電」に関するアイテムの売れ行きがかなり好調です。

窓から室内に入り込む日射を上手くカットすれば、室温の上昇を抑えられます。建物の外側に、ゴーヤや朝顔などの植物を植えて、“グリーンカーテン”を設置しているご家庭も多く見られます。
室内側で考えれば。カーテンを工夫することもその方法の一つです。カーテンやブラインドのメーカーさんも、各社必死に売り込みをしています。当然ながら、各社さんとも自社製品の素晴らしさを説明してくれますが、統一された基準ではないので、何とも判断が難しいのが実情です。

私たちもプロとして、常に情報収集は欠かせません。今日は最近良くお問い合わせをいただく、遮熱カーテンについて少しご説明をしていきます。

遮熱、つまり日射を遮ると、室温の上昇を防ぐことが出来ます。日射を遮るものとして、遮光カーテンはご存知の方も多いですよね。生地の中に黒い糸が織り込まれていたり、専用の裏地を付けたりして日射を遮ります。「暗幕」のようなイメージです。朝、少しでも光が入ってくると目が覚めてしまう方や、お仕事柄、日中にお休みになる方には必須かもしれません。

当然ながら、遮光カーテンは、部屋が暗くなってしまいます。一番日差しの強い日中に遮光カーテンを閉めると、昼間にも関わらず電気をつけなければなりません。そうなすると、「節電」のはずが矛盾してしまいますね。

そこで、遮光カーテンと同じように日射を遮りながら、でも生活に必要な明るさは確保できる「遮熱カーテン」をおススメしています。遮熱カーテンの代表的な商品は「ミラーレースカーテン」です。

ミラーレースカーテンとは、元々外からの視線を遮るために、ブライト糸という日光を反射しやすい糸を編み込んでいるもの。遮熱効果があるので、今とても注目されているカーテンです。

レース生地なので、一般には厚手のカーテン生地よりも安価です。新しくカーテンレールを追加しなくても、テンション(突っ張り)タイプの簡易的なレールで窓の枠の中に収めることも可能です。夏場だけ使用して、涼しくなれば取り外す。そんなフレキシブルな使い方をするケースが多いですよ。

オフィスなどでも十分に利用価値ありです。既にブラインドなどが設置されていると思いますが、遮熱のためにブラインドを閉じると、明るさが足りなくなり、照明をつけなければ仕事にならない、という声も良く聞きます。

ブラインドはそのままで、やはりテンションタイプのレールを利用すれば、季節に応じて対応できますね。窓や建物の構造によっては、設置が出来ないケースもありますが、検討の価値はあると思いますよ。

四季があって、美しい日本。だからこそ、夏と冬を同じに考えることはどこかで矛盾が生じます。ぜひ専門的なアドバイスを参考にして、うまく夏を乗り切ってくださいね。

Office-j : http://interior-officej.com/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ