注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

ダイニングのスタイル?ライティング

ダイニングでのライティング(照明方法)は、暮らしのスタイルにより、いくつかのバリエーションを考える事が大切です。

コラムニスト-----建築家 酒井 正人

⇒プロフィールを見る


ダイニングでのライティング(照明方法)は、暮らしのスタイルにより、いくつかのバリエーションを考える事が大切です。

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。 お正月休みも明けて、今週からは本格的に今年の目標へ向かって走り出す方も多いのではないでしょうか。 改めまして、皆様にとって素敵な一年になりますようにお祈り致します。

ダイニングテーブルの上部には、ペンダントライトやスポット型のダウンライトなど、美味しい食事をより効果的に照らすライティング(照明方法)を計画しますが、その際とくに注意したい点は、その照明のランプの種類とペンダントライトの場合は、吊るす高さの設定がとても重要です。

従来は演色性の高いハロゲンランプや、比較的長寿命のクリプトン球など白熱灯での照明が主流でしたが、省エネ次世代ランプLEDの普及と、その照明技術の進歩により、最近ではLEDランプによる演色性も高まってきました。 ペンダントライトの場合は、テーブルの上から70cm?80cmを吊るす高さの目安にして、椅子に座り光源が直接目に入らないかどうかを確認すると良いと思います。(照明器具のデザインにより高さ位置が変わってきます) 

よくペンダントライトの取付高さが高すぎるケースを見かけますが、照明効果や意匠性も損なうため適正な高さを設定することが大切です。 また、ダイニングテーブル上の照明のほか、周囲の壁面やダイニング空間全体の明るさを保つ照明など、その空間での暮らしのスタイルに合わせた複数のライティングを計画するとことが快適性をプラスします。

食事をする時、家族や友人が集う時など、視覚的にも精神的にもダイニングのライティングは、暮らしを心地よくするとても大切な役割を果たします。

サカイデザインネットワーク有限会社 一級建築士事務所 : http://www.sdn-net.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ