注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2019/11 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

速報!フラット35Sの拡充が閣議決定されました!

「平成23年度第3次補正予算案における東日本大震災の復興支援策について」が掲載されました。発表された内容の中で注目したい点は「フラット35「S」の金利下げ幅が再度拡充される」ということです。

コラムニスト-----ファイナンシャルプランナー宮嵜勝己

⇒プロフィールを見る


フラット35を提供している住宅金融支援機構のホームページに

「平成23年度第3次補正予算案における東日本大震災の復興支援策について」が

掲載されました。

これは、東日本大震災からの復興、および、住宅の省CO2対策を推進するために制度拡充しようと、まず閣議で決定された内容です。

もちろんこれから国会で予算成立後にスタートできる内容ですので、変更される可能性もあります。ご注意ください。

さて、発表された内容の中で注目したい点。

それは

「フラット35「S」の金利下げ幅が再度拡充される」

ということです。

先月9月末日で終了した「フラット35S、10年間金利1%優遇」。

今回の閣議決定では、特定被災区域の復興支援と省CO2住宅等に的をしぼり、また内容を変えて金利優遇を行おうとするもののようです。

現状でもフラット35「S」は10年間0.3%金利優遇を受けられますが、

省エネルギー性の優れた住宅を取得する場合のフラット35「S」の当初5年間の金利下げ幅を、特定被災区域においては1.0%に優遇幅が大きくなります。

また特定被災区域外でも、5年間は0.7%に優遇幅が広がるとのことです。

住宅ローンの相談される方のほとんどが「できれば全期間金利のかわらないものを」というのが本音のようです。

フラット35「S」なら10月金利をベースにすると、フラット35の最安金融機関金利は2.18%。

特定被災区域で省エネ住宅であれば、ここから5年間1%金利優遇を受けられるので適用金利は1.18%に。

区域外でも、5年間0.7%優遇を受けて1.48%になります。

これは変動金利の適用金利にかなり近いものです。

「できれば金利のかわらないローン」の希望をかなえてくれる強い味方になるでしょう。

また、省エネルギー性の高い住宅が条件ですので、電気代等が節約されている住宅になっている可能性が高く、金利が安いうえに光熱費等も抑えられば一挙両得となりますね。

さまざまな制度を賢く利用して、安心した住宅購入を実現してください。



関連記事は見つかりませんでした。

株式会社FP-Japan : http://e-fps.jp/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ