注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

katsumimiyazaki

光熱費どうなる?(6) 「育エネ」ってなあに?

コラムニスト-----ファイナンシャルプランナー宮嵜勝己

⇒プロフィールを見る


日本のエネルギーは外国だより。

その問題解決となるキーワードはいままで3つ。

省エネ。

創エネ。

畜エネ。

省き創り蓄える、という3拍子でした。

今年になって経済産業省はこの3拍子を一言で「育エネ」と呼ぶようになりました。

まさにこれからの光熱費はこの育エネが焦点となるでしょう。

経済産業省のホームページをひもといていくと

「育エネのために各家庭か負担をいただく」旨の文章が見受けられる。

太陽光、風力、地熱などの自然がもっているエネルギーを電気にかえる技術を推進するとともに

その買取制度を創設しました。

しかし。

その買取の費用は各家庭からの負担でお願いしたい、ということ。

つまり負担金分だけ電気料金が上がる可能性がある、ということです。

現在

7月から、各都道府県によって自然再生エネルギー事業が次々と承認されて、買取制度に対象となっていきます。

その買取金額は各家庭・各企業が均等に負担することになるのです。

その結果、電気料金の値上げにつながる可能性がかなり高くなってくる。

その対策としては、新築工事の時点でどれだけエネルギー再生のできる住宅を設計できるか、ということになってきます。

経済産業省のホームページにある「育エネ」を学んでこのチャンスを自分のものにして

来る電気料金高騰に備えたいですね。

「育エネ」についてのホームページ↓

http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/ikuene/index.html



関連記事は見つかりませんでした。

株式会社FP-Japan : http://e-fps.jp/


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ