注文住宅・一戸建ての家作りを楽しくするウェブマガジン楽住-rakunism-

Error: ディレクトリ wp-content/uploads/2020/08 を作成できませんでした。この親ディレクトリのアクセス権はサーバーによる書き込みを許可していますか ?

一戸建てにおける外観の大切さ  

家作りにおいて大切な要素というと、間取り、設備、内装など色々なものがありますが、今回はその中で外観の大切さについてお話します。

コラムニスト-----楽住編集部

⇒プロフィールを見る


美人(イケメン)は30年経っても飽きない?
昔から、「美人は3日で飽きる」と言われていますね。家で人間の顔に当たる部分は外観ですが、外観に関してもそれと同じ事が言えるでしょうか?

家族ごとに様々な事情はあると思いますが、家を建てるタイミングというのはどこのご家族も似通ったものがあります。自分が建てた後には会社の同僚も同じように建てたりすることが多いので、どうしても周りの方のお住まいも気になってしまいます。

そんな時に、自分の家が格好良ければ、どこか誇らしいのではないでしょうか?家は決して他人と比較するものではありませんが、家から出かけるとき、会社から帰ってくるとき、というように、外観を目にする度に幸せな気持ちになれるというのはとても良いことだと思います。

後からでは変えられない
気に入らなかったら後からリフォームすればよいという考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、一戸建てのリフォームの中で外観は最もしにくい部分です。

家の中であれば、構造以外の壁を外したり、壁紙を張り替えたり、照明を取り替えたり、というように様々なリフォームが可能ですが、家の外部である、外壁、窓、屋根というのは防水のためにとても重要な部分であって、簡単に外すということは出来ません。せいぜい、外壁の塗り替え、張替えくらいが家への負担を無しにできるリフォームの限度だと思います。

更に、外部のリフォームというのは施工面積が大きくなりがちで、足場等も必要なため、費用が高額になるケースがほとんどです。

後から大変な思いをしてリフォームするよりも、最初にこだわって気に入った外観を作る方が、賢い選択だといえます。

長く大切に住むためにも
最近は家の高耐久化が進み、多くのハウスメーカー・工務店が、「ウチの家は60年持ちます。」とアピールをしています。

大変喜ばしいことなのですが、裏を返せば60年間外観も大きく変えることはできないということです。

本当の意味で長い年月を満足して暮らすためには、ただ単に高耐久な部材を使うだけではなく、時代の流れの中でも見劣りしないような『高耐久な外観』を作ることが大切では無いでしょうか?



関連記事は見つかりませんでした。

株式会社クラッソーネ : http://www.rakunism.com


Twitterコメント


楽住-rakunism-を購読しませんか?

楽住の更新情報をRSS,twitter,mixiページ,facebookページでご紹介しています。

登録していただくと、更新にあわせて効率的に情報収集していただけます。

注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism- 注文住宅一戸建て情報 楽住-rakunism-

  • トップへ

・解体費用を削減する
http://www.kaitaimitsumori.com/

・外構費用を削減する
http://www.gaikoumitsumori.biz/

・ウェブマガジン楽住-rakunism-の使い方

・ウェブマガジン楽住-rakunism-について

・分離発注で賢く節約-楽住運営のサイト

・出版:株式会社クラッソーネ